スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
お鉢めぐりと下山
PAP_0156.jpg
やっとこ到達した頂上。
多くのツアーがここから下山なんだけれど、あたしたちが申し込んだのは
山頂火口をぐるりと一周する『お鉢めぐり』に行けるコース。
9合目手前からの大渋滞で時間が押してたので、40分後には『お鉢めぐり』に出発!
…といっても、これまた大行列のトイレに並んでたりして実際座って休憩できたのは10分弱。
山小屋から渡された朝ご飯を急いでお腹に詰めて出かけます。





続きます…





DSCF8984.jpg
目指すは写真中央のちょっと高くなってる『剣が峰』。
ここが最高峰の3776M♪  約2時間かけて一周します。






“必死で死に物狂いで”登って来たっていうよりは“楽しんで”登ってこれた!…とは言ったものの
前日からここまで約9時間。やっぱ疲れも感じてきたしまだ下山もしなきゃなんない。
正直『なんで“お鉢めぐり”までやろうって思ったんやろ?』って一瞬思ったけれど
旦那が『ここまで来たから最後まで行くで~~~!』って言うのん聞いて鼓舞されたあたし。
実際ツアーメンバー48人中『お鉢めぐり』までの参加は26人。
それでも添乗員さん曰く『これだけ人数いるけど10人下回ると思ってました』って言うてはったから
今回は元気なメンバーがそろってたみたいです。










DSCF8987.jpg
歩きだしてすぐに『やっぱ来てよかった~♪』って。








DSCF8985.jpg
雲海の美しさったらもぉ~♥
えいっ!ってジャンプしてパフッ♥っていってしまいたいくらいで(笑)







DSCF8988.jpg
ただ時間が押してるのは事実。










DSCF8990.jpg
急こう配を登るペースとは一転、結構なスピードで歩きだすガイドさん。頑張れっあたしっ!!!







DSCF9001.jpg
富士山の火口を除きつつ、夏期のみ開設の『富士山頂郵便局』に立ち寄りながら…









DSCF8995.jpg
ようやく『剣が峰』のふもとへ。









DSCF8996.jpg
この最後の急こう配がけっこう大変っ☆
軽石ゴロゴロで滑る滑る!でもここを登れば最後っ、一歩一歩黙々と足をすすめ…









DSCF8998.jpg
ホントにホントの日本最高峰3776Mまで登りきったのでしたっ♪ 登ったど~~~~~!!!







DSCF8997.jpg
てっぺんからの景色っ!あたし一生忘れないっ!!!






…とここですべて『THE END』ならいいんだけれど、
とりあえずお鉢めぐりスタートした場所に戻り、そして下山せねばなりません。

ホントのホントに時間押してたんやろうね~。
約2時間かけて歩いて帰ってきた『お鉢めぐり』。
トイレ休憩が終わればすぐに下山準備して出発です。
とにかく砂利と砂埃がすごいので、シューズの中に入らないようスパッツ装着したりマスクしたり…

ガイドさんからの『下山のアドバイス』。

疲れきる前に降りること

一歩踏み出した際に片方の足に体重が乗るけれど、その時間が長いと足がすぐに疲れるので
片足に体重が乗りきる前にすぐに次の足を出すっ!
でもって無駄に足を上げるを疲れるので引きずるくらいの気持ちで!重心は前っ!


…ふむふむ。ストックあるしスキーで滑るような感じで身体を前傾姿勢にして早足で下りればいいのかしら?
実際ガイドさんの歩みはかなりスピーディ。そんな動き&早さをマスターしようと考えながら足進めていたら…





気づくと頭痛 
やっちまった~高山病!…呼吸意識するの忘れてたっ!


下りは延々と続く何度も折り返す斜面の道。道の変化も景色の変化もなくただただ下りるのみ。
3回ほど折り返したら一旦立ちどまって全員揃うの待つんだけれど、そのたびにやってくる頭痛と吐き気。
いかんいかん!ともぉ喋ることもせずひたすら呼吸に集中です。
…そんな切羽詰まった状況やったんで写真1枚もナッシング(汗)




幸い、歩くにつれ標高がさがっていくんで7合目近くまで下りてきたらほとんど回復したんだけどね。
やっぱ『あなどるなかれ!呼吸法!』でした。



登りは素人団体48名ってと高山に身体を慣らしながらのスローペース、
でもって夏休み最初の週末で大渋滞ってのもあって、頂上まで9時間ほどかかったけれど
下山はすごいハイペースで、ガイドさんの指導がよかったのか全員ハイペースにもついて行き
予定時間よりも30分早い4時間で下山完了。約15時間の富士登山終了しました。






PAP_0168.jpg
最後、ガイドさんに『みなさん、登頂おめでとうございます!』って言われた瞬間
思わず涙ぐんでしまったあたし。
頂上では『まだお鉢めぐりと下山がある!』ってことで気が張ってたんかなぁ~。
5合目に下りてきて山頂を見上げた時、『数時間前まであそこにいたんや!』ってしみじみ実感したのでした。







そして、バスに揺られ新幹線に乗って新大阪から電車に揺られて帰宅したのは23時半。
この道中が最高に大変やった… 脚が…あぁ…脚が…
富士登山どうやった?って聞かれたら『帰り道が大変やで』ってあたしはアドバイスするつもり(笑)

また登りたい?って聞かれたら、下りた直後は思わんかったけれど、次は違うルートも面白そうかな?…と。

来年からは息子も高校生、忙しくなって今回みたくドンロビちゃんをおまかせするのも難しいし
次、旦那と登るならば何年か先かな???
あ…誰か『登る!』って人居てはったらダンナにドンロビちゃん見てもらえるやろうからお付き合いしますよん♪
【2012/08/03 16:53】 | 富士登山への道 | コメント(8) | page top↑
<<オリンピック三昧 | ホーム | 登頂>>
コメント
ドン母・・・雲海に「エイっ!」ってやって来たらよかったのに~♪
その絵ずらほしかったわ~爆!!


でも凄いね
富士山登頂おめでとー!
登った人にしかわからない感動とかあるんでしょ~!!
あたし絶対無理だけど(笑)
写真見るだけでもとってもキレイだったのがわかるから実際自分の目で見たら
ホントに感動なんだろうね~

帰りと帰ってからの足の辛さが恐ろしい
おつかれさまでした~!!
【2012/08/06 09:06】 URL | レイリノ #-[ 編集] | page top↑
ホンマ登ったんやなぁ~!凄いなぁ~~!!
登りたいって思うけど道中考えたら・・・(パス)

そやん!雲海にジャンプ!!(笑)
ハイジやったら出来るのにな・・・
ざんねん。

こぉゆぅ登山見てていつも思うん
せっかく登ったのにもぉ下りなアカンのや・・・
せっかく登ったんやしテッペンで一泊くらさせてくれたなぁ~!
そしたら登りたい!って思うかもしれんのに・・・って(笑)

何はともあれ、無事ご帰還!おめでとう♪
【2012/08/06 12:37】 URL | マヤマミ #-[ 編集] | page top↑
おめでとござぃまぁ~す\(^o^)/
ほんまにすごぃ!!
じっくり読ませてもらぃましたよ♪
爽快な眺め。ほんま雲海にダイブしたくなるね~(笑)
いやぁ~…普通に生活してたら、そんな事考えもせんかったやろうに、今回のブログ読んでて改めて呼吸ってすごいなぁ~って思ったぁ(^^)勉強になりましたぁ( ̄^ ̄)!!
トレーニングでしぼった体と富士登山で更にPowerUPしたドンロビ母さんに会えるの楽しみにしてまっす♪(´ε` )
【2012/08/06 23:53】 URL | クロママ #-[ 編集] | page top↑
レイリ~
『雲海niパフッ♥』
・・・同感してもらえて嬉し♪
でもホンマにやったら“腹で山腹スライダー”…チンe-263…になることは
わきまえてる43歳(笑)

あたしもね~、登山ってしんどいことにハマる人の気持ちが
全くわからんくて。
『そこに山があるから』…ってセリフも『だからって登るかいっ!しんどいわっ!!!』
ってずっと思ってた~。

がしかし、ここにもハマった女が出来上り♪
今後どうしようって展望もかたまってきまして
長い趣味みたいなのが1つ増えて嬉しいのっ♪♪♪




マヤマミちゃん
せやで!ハイジやないねんっ(笑)
ちょっと疲れを感じた時に雲海見ながら ハイジチックな妄想をしたのは事実やけどww


何が辛いって下る行程がほんまダルかった~~~!!!
景色も歩く道もまったく変化ないただただ急斜面をくねくね数時間。
登るんは楽しかったけど帰りは滑り台で一気に帰って来たかった!
『えらい高さまで登ってもうたわ…』って何回も思ったもん。
3700mで一泊は嫌やな~。
気ぃ抜いたら高山病やんっ!





クロママ
ふとしたことがきっかけになって人間頑張れるね~~~。
去年5合目行かんかったら、雲が晴れて頂上が見えんかったら『登ろう』って思わんかったと思うねん。
新しい境地…登山、そしてダイエット(笑)を見いだせてえぇ転機やったわ。

おかげさまで6キロ減。
ごはんは普通に食べてるけどリバウンドも今のところなくって、引き続き地道に運動してるで~。
あ…でも見た目そないに変わらん(涙)
【2012/08/07 06:58】 URL | ドン母 #.73PrFiI[ 編集] | page top↑
遅れた・・けどおかえり!!
お疲れ様でした(*^_^*)

うちのと~しゃんでも登る?って聞いたら
う~~ん・・・やったで。
ちなみにアタシは大山あたり、←簡単そうに(笑)
登りたいなって夫に言ってるのよ?意外でしょ?
まだいつものホームグラウンドの『天空』にも
上がってないけどね、テヘ。
ドン母、アタシとでも登れる?(笑)
【2012/08/07 13:57】 URL | ラルフか~しゃん #-[ 編集] | page top↑
か~しゃん♪

大丈夫!
か~しゃんでも登れるで!(上から 笑)
50代60代がガンガン登ってはったし!
(ことごとく上から 笑)
天空のラン、レイ母さんよりもへばってたあたし。レイ母さんが一番驚いてたこの登頂やったし、「あたしも登れるんちゃうか?登らんけど。笑」って言わしめたからか~しゃん登れるって♪

と~しゃん付き合うてくれんねやったら ご一緒するで!
肩くっつけて山小屋で寝よか(笑)
【2012/08/07 23:12】 URL | ドン母 #.73PrFiI[ 編集] | page top↑
わー!ほんとに登頂した~
すごいすごい、おめでとうございます!

うちはグッズ揃えて登る気満々だったのに
予定の日がポシャったらなんやかんやで、話がとん挫してしまい・・
今は山より海みたいです(^^ゞ

あとにつづきますので、是非その時はいろいろ教えてくださいね!
お疲れさまでしたっ!
【2012/08/10 13:59】 URL | てんまま #-[ 編集] | page top↑
てんまま
登頂しましたよっ♪
ツアー成立する5月半ばまでは、心のどっかで『人数集まらずにツアー不成立』もしゃ~ないよな~
なんて気持ちもあったりなんかして。
でもいよいよ決行!と決まってからは勢いでトレーニングしだしてそのままなだれ込み!って感じでして。
2日の登山、ガイドさんと一緒に登って経験値が一気に上がったよ。
ストックのつき方も上に上がるにつれ上手になっていくのが分かったし 
休憩のタイミングとか疲れん歩き方とか…
次回はもっとうまく登れたらいいな~といつになるか分からんけど
再度チャレンジしたいと思ってるねんっ♪
なんでも分かることがあればアドバイスしますよん♪
(…と先輩面・笑)

てんちゃん家の『海』もうらやましす♥
どっちもチョイスできるのは最高ですやん~♪
【2012/08/10 23:35】 URL | ドン母 #.73PrFiI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。