スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
疑惑と検査
突然ですが、ドンちゃん本日全身麻酔してきました。





FxCam_1350987492352.jpg
事の発端は、週末に見つけた唇上部の出来物…





直径5mmほどあるんだけど、今まで全然気づかなくって。
なんか嫌な予感がして、昨夜病院に連れて行ってきました。







本日長くなります…



先生の判断は、見た感じ『組織球種』『脂肪細胞腫』っぽい…と。

『組織球腫』ならば、3ヶ月もあれば自然に消える良性の腫瘍なんだけれど、
一般的に1~2歳の若いコに多いらしくて。
『まぁうちにも6歳超えての症例も多々あるから、一概に“若いコ”とは僕は言いきれないと思ってます』
…と先生も言うてはったけど、可能性としたら半々くらいかなぁ…と。

もう一方の『脂肪細胞腫』となるとやっかいで、ガッツリ“悪性腫瘍”
なにかと悪さをして、命にもかかわってくるので即切除しないといけません。

針で組織を取れば、すぐにどちらかは分かるらしいんだけど
他の箇所ならよしとしても、痛みを感じやすい口まわり。
でもってドンちゃんの性格上、押さえて強引にパターンだとパニックをおこす恐れ大。
顔回りで暴れて目とかに傷をつけても大変なので、先生は全身麻酔を勧めてきました。
(局部麻酔もあるけれど、それも何か所にも針を刺すし痛みを伴うし危険度は変わらないという見解で)

現在7歳8カ月のドンちゃん。
全身麻酔とかなるべく避けたいところだけれど、良性か悪性かの見極めは絶対して欲しいので
お願いすることにし、一番近い日程であたしの休みも取れるのであくる日の今日、行ってきたわけです。





結果…





『組織球腫』でした






もぅね…力が抜けるってこのことだなぁ~…と。





本来ならば、午前の診察が終わったくらいに連れて行って、『お願いします』って預けて
夕方検査も終わって麻酔も覚めたところをお迎えにいくのがパターンだろうけれど
ドンちゃんの場合は、『飼い主と離れたらパニックおこしてちょっと大変』
…てのは7年以上お付き合いのある先生なので100も承知(汗)

なので、

麻酔かけてから検査、麻酔から覚めるまでずっとそばに居てそのまま連れて帰って家で安静

…なパターンと相成ったわけです。





正直…精神的に見てて辛かった…。

点滴確保するのに、診察台の上で腕を差し出すドンちゃん。
身体抱きしめてやって、励ましてやってるからか大人しいもんなんだけど全身ブルブル震えててね。
点滴が無事入って、抗生物質、抗ヒスタミン剤を投与、そしていよいよ麻酔を入れ始めたら
半分くらいのところでいきなりガクって前脚ついてそのまま横にゴロンとなってしまって。
正直ほんの何mlかの量で30キロ近くあるコがばったり意識無くなる様子は怖かった…。
口と舌を器具で固定され、喉に管を通して気化した麻酔ガスを続けて投与…
もう痛々しくて涙こらえるのに必死でした。
3回ほど針刺して、組織取って、念のため表面も薄く削って検査。
取るもん取ったらあとは覚醒を待つばかりなんだけど、ちょっと先生が思ってたよりも時間がかかったようで。
管からドンの息を吐きだす音が聞こえるまで 生きた心地しなかったよ。




覚醒したものの腰が立たないドンちゃんを床おろして点滴外してもらうの待ってる時に
『お母さん~、ドンちゃん“組織球腫”の方でした~。』
…って聞きまして、『へっ?』って一瞬声裏がってしまったくらいびっくりするやらホッとするやら。
9割くらいあたしの中では“脂肪細胞腫”のほうやと覚悟してたもんだから。
あたしも緊張の糸がぷっつりって感じで、ドンと同じくすぐには立ち上がれなかったなぁ~…。








FxCam_1351053711220.jpg
帰って来たものの、目の焦点も定まらず舌も口から出たままでフラフラしてるドンちゃん。


その姿見て『ほんま元戻るんか?』てこれまたドキドキしたけれど、3時間ほどぐっすり安静に寝かせたら
夕方ぱちくりした目でまっすぐこっちを見てくれまして。
『あ~~、ドンちゃんが帰って来た…』…と本当に心から安心したわけです。







FxCam_1351070688593.jpg
先ほどごはん作ってたらいつものようにおこぼれもらいにくるドンちゃん。
こんなささいなことがホント嬉しくって。ホンマ良性でよかった…うん。




今回もし『悪性』で切除となったら、場所が場所だけに唇ごと取ることになったかもってことで
昨夜はダンナと2人して涙ぐみながら覚悟しようとしてました。
命には替えられないけれどホンマに唇切除やったら…って覚悟しようとしてたけどしきれなかったのも事実で
ホンマにホンマに大事に至らなくてよかったです。
あと今回の検査中、麻酔で寝てるときに何回も不整脈おこしてまして。
血圧は変わりないし、普段の状態の心電図を取ってないのでなんとも言えないけれど生活は特に支障はないと。
でも麻酔をかけて手術となったら こっちのことも視野に入れて行わなくっちゃいけなかったようで。






FxCam_1351067179785.jpg
昨日からの絶食で、24時間ぶりのごはんを食べるドンちゃん。



病院がダメなことや、手術とかになると危険も伴ってくるらしいこと思ったら
健康に穏やかに犬生を全うして行って欲しいと心から願います。
【2012/10/24 19:51】 | ドンちゃん | コメント(10) | page top↑
<<六甲ケーブルハイキング vol.8 | ホーム | プロペラしっぽ>>
コメント
ドンちゃん、お疲れ様~!
ラブは腫瘍ができやすい犬種だけに心配。
良性、悪性で運命変わっちゃうもんね。
見つけたら、とりあえず検査!

でも、良性でよかった。。。

ずっとついてみてるのも酷だね。
普段、見慣れていないワンズの様子をみるんだから・・・。

ドン母、お疲れ様~
【2012/10/24 21:27】 URL | MARYA #-[ 編集] | page top↑
よかったね・・・・
ホントに読んでてドキドキしたよ

もうすぐ8歳うちもだけど
なんか色々出てくるよね

ドンちゃんお疲れ様!
そしてドン母もね

検査の結果出るまで本当に生きた心地がしないよね・・・・
【2012/10/24 21:44】 URL | レイリノ #NDPC.hQM[ 編集] | page top↑
そういえば、日曜日にランで『ドンちゃん、唇に出来もの出来てんねん。』って
言ってたやんなぁ。
私も、聞いたのに見てあげることもせんかったなあ~って
今になって反省・・・ゴメン。

レイもドンちゃん寄りで、預けられへんコやし、
耳の掃除してもらうだけで、オチッコちびるし、
足ガクガクやし、何とか病院のお世話にならんようにって、
普段から願ってるもんなぁ。

一人で検査の立会い…母は強し!やな。

何はともあれ、疑いが晴れて良かった♪

※オッサン会どころじゃなかったやん…
【2012/10/24 23:43】 URL | レイ母 #-[ 編集] | page top↑
ほっとしました!
デキモノの場所が デイジーの肥満細胞の時と
近かったから 「続きを読む」 に行くのが
怖かったですよ・・・・・

本当!病院嫌いのドンちゃん&立ち会った母さん
お疲れ様でしたです!
【2012/10/25 06:29】 URL | daisy母 #29BjQn.s[ 編集] | page top↑
MARYAさん
これまで色んな人のブログで『肥満細胞腫』ってワード見てて、すっごい大変やったって話でそれに対して大変やったね、無事に済んでよかったねって思ったんだけど、事の重大さが心の底から分かってなかったことが今回のことで分かってね。
ほんまにほんまにホッとしました。

飼い主が強制休憩させなあかんくらい元気なマーヤゴディが理想やわ、ほんま。
年齢的に色々そろそろでてきてもおかしくはないんだけれど、病院にお世話にならず健康であることをいのるばかりです。





レイリ~
レイくんが若いころから心臓のことで、レイリ~心痛めてたやん。
レイリ~強い心で頑張ってたんやなってあらためて思ったよ。
あたし『命』に関する心配ごとって今回が初めてで。
(あ…ドンちゃんの腸閉塞が一度あったか?)
病院でも組織球腫かもって言いながら『ドンちゃん老犬ですからね~』って初めて他人から『老犬』ワード発言されて、あ~…そうだよな~って分かっちゃいたけど内心ショックでね。
色々出てくるのは分かっちゃいるけど、実際そうなったらひどく動揺したあたしがいてました(汗)
とにかくセーフでよかった!これに尽きます!!!
【2012/10/25 08:21】 URL | ドン母 #24rxu0nU[ 編集] | page top↑
いやいや・・大変だったのね・・
ちょっとこちら2日ほど訳あってご無沙汰だったから、今日見てびっくり。
でもよかったね!
ほっとしました。
うちのラルフも以前耳の裏にモノが出来て・・
組織を検査ってことになったので
ドン母の緊張やら不安やら、その時の自分のことのようで涙が・・でした。
よくわかりますよ。
健康で過ごせること。本当にありがたいこと
なんだと改めて思うよね。
ドンちゃんよくがんばったね。
母もおつかれさまでした。
【2012/10/25 12:35】 URL | ラルフか~しゃん #-[ 編集] | page top↑
ドンちゃん、ドン母さん、本当にお疲れさまでした。
悪性じゃなくて、よかったです。。

検査の立会、つらかったですよね・・・
でも母ちゃんのおかげで、ドンちゃんもがんばれたんだよね!

健康に穏やかに、ゆっくり歳を重ねてほしいよね。。
【2012/10/25 15:45】 URL | ロビ母 #-[ 編集] | page top↑
レイ母さん
多分ね、ロビンならそのまま麻酔せんとやれてたかも!って先生も言うてはってね。
ドンタイプは病院絡むとほんとやっかい!
そう!おたくの坊ちゃんも絶対ドンタイプ!
病気したら大変やでな~ってあとからレイのこと思ったで。

うん…オッサン会どころやなかったわ(汗)




デイジー母さん
デイジーちゃん鼻の横にしかも3歳って言うてたよね???
コメント読んだ時は『そうなんや~。大変やったんやなぁ』って思ってたけれど、実際脂肪細胞腫って詳しく分かってなくって、今回どんだけ怖い腫瘍か知ってドキドキしたわ。
しかも年齢的に組織球腫はほぼないと思ってたからね。
今朝からはすっかりいつものドンちゃんに戻って、
でもあんなことあってますます愛しさつのってます♪






ラルか~しゃん
そうなんよ。
オッサン会延期になったこの日、えらいことになってましてん、うち。
黒いしなんか分かりにくいし、5mmになるまで全く気付いてなくってね。
これが足の付け根とかやって、発見遅くてしかも悪性でって思ったら、なんとかこの大きさで発見できてしかも良性でよかった!
でもまたどっかに出来てたらって思ってしまう・・・
痴漢のように触りまくってチェックせなあかん!うん!




ロビ母ちゃん
検査立ち会いはかなり見ててしんどかったよ。
いっぱい身体に管つけて、くちにも太い管つっこんでって、見てられんかったもん。
でも何事もなく終わったんやからホンマよかったよ~。
昨日は夕方からシャンとしたように見えたけどなんとなく夜もボ~っとしてる感じあって、麻酔薬…結構身体に負担あるんやなぁと思ったわ。
今朝からはいつものドンちゃん。
普通にリビングを歩いてるのもなんだか今まで以上に愛おしいです(笑)
【2012/10/25 19:02】 URL | ドン母 #.73PrFiI[ 編集] | page top↑
お久しぶりにお邪魔しますm(__)m
夕方、横断歩道をピカピカした首輪のドンロビちゃんが横断してるのを目撃しました(*´∇`*)おぉ!久しぶりやっ!と思って長らくお邪魔してなかったブログ見てみたら「疑惑?検査」って…(:ŏ﹏ŏ)ビックリやったけど結果なんともなくて良かったです(*^^*)しかし、あの首輪……素敵すぎる٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)
【2012/11/08 18:03】 URL | クロママ #-[ 編集] | page top↑
お久しぶりぶり♪

あ!ぴかぴか隊見てくれた?(笑)
あれ評判良くって、お散歩行ったら一日どっかで声かけられる毎日。
暗くなってきたら、リードに先のドンロビちゃん、あたしさえ見えにくくなるもんだから
これは冬の風物詩ですねん(笑)

ドンちゃんおかげさまで。
ずいぶん小さくなってわかりにくくなってきましたよ~~~。
【2012/11/11 11:16】 URL | ドン母 #.73PrFiI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。